ビキニラインをセルフ処理する際の手順

ビキニラインは、美容において脱毛をする最大の意味がある場所だと言えるのではないでしょうか。
やっぱり、下着になったりするのは勿論、水着を着たりする場合も気になるポイントですね。しかし、デリケートゾーンなので処理をする場合には注意が必要でもあります。

ビキニラインのセルフ処理にオススメの方法

ビキニラインのムダ毛処理をするには、主にアンダーヘアが生える場所の面積を減らす事。そして、アンダーヘアの長さを整える事が大事です。
ビキニラインを完全に脱毛するのは自己処理では難しいです。なので、面積を減らし長さを調整するには電気シェーバーで毛を剃り、そしてヒートカッターで毛を焼ききってしまうというのが一番おすすめの方法です。

電気シェーバーを使ったビキニラインの処理手順

まず、ビキニラインを電気シェーバーで処理する手順は処理する部位や長さを確認する、そして前処理をする、角質層を保護する、毛をやわらかくする、電気シェーバーで処理する、アフターケアという流れになっています。
確認作業は、実際に見に付ける下着や水着を履いてみて処理するべきポイントを見定めます。
そして、処理しやすいように長い毛をカットしましょう。
それから、ワセリンなどを塗っておき角質層を保護します。
更に毛を柔らかくするため蒸しタオルなどをあててから処理をします。
そしてケアはワセリンなどを再度塗るという手順になりますね。

ビキニラインのセルフ脱毛時の注意点

お肌の負担にならないようにする、ということが大事です。
デリケートゾーンは、雑菌が入りやすいので特に傷には気をつけなくてはいけません。

ビキニラインの処理

自己処理は、基本的に手軽ではあるのですがやっぱりいちばんはエステサロンなどで施術をすることですね。
レーザー脱毛や光脱毛、ブラジリアンワックスなどでの処理は肌を傷つけることはないですし、肌のアフターケアなどもばっちりなので確実かつ安全ですからね。

こちらも読まれています